いまや全国各地で開かれるチームラボさんのイベント。世界遺産である下鴨神社で9/2まで開かれていた「糺の森の光の祭」を観てきました。
神社全体に広がるチームラボの世界は壮観な眺めでした。

「自然が自然のままアートになる」という「Digitized Nature」
このコンセプトで、5つの作品により「糺の森」をはじめとして、下鴨神社全体をアート空間に変えてくれています。

糺の森の中を流れる泉川沿いを、匿名で多様な肖像群が歩き続ける。
リアルタイムで描かれるために二度と同じ絵を観ることができない散歩、行列・・・

下鴨神社の楼門の中の空間にただよう球体。それは自律的に人や周りの球体に呼応して動く。
それは、社屋の中にも存在する。

びっくりしました。ここまでやるのかと。

下鴨神社の糺の森の中の参道沿いに置かれた光の卵形体。樹々に設置されたライトとも呼応しながら自律的に発色する。
それは、神社全体に伝播していく。

御手洗池の水面に立つ、光の物体は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように明滅している。
そして、これも神社全体に伝播していく。

下鴨神社の楼門の前の空間に埋め尽くされた光の卵形体。
そこをかき分けるように入っていくと物体は、反応して伝播する。人が来るときはまず物体の光が訪れる。

これら5つの作品が下鴨神社全体を切れ目なく覆っている感じなので、幻想的な夜の時間を楽しむことができました。

本イベントも含むチームラボの作品群は、公式サイト をご覧ください。
これだけでも、時間を忘れて、見入ってしまいます。

チームラボ : https://www.team-lab.com/

そして、下鴨神社に行く前に立ち寄った宇治では、素敵なGalleryに出会えました。

個展「伝統と先端アートの最新モード。ART / ARTISAN / KYOTO from PARCO」が、7/20から9/1まで開催されていました。
以前、池袋で開催されていた展覧会を見逃していたので、まさにグッドタイミング。

日本の伝統のモノづくりを極めている匠の方々と現代アート作家のコラボレーション。
いわゆる「職人」さんが、現代アート作家の作品を取り入れて造り上げた様々な品々は、どれもこれも素敵なものばかりでした。

お気に入り(というか、お目当て)は、掛け軸に装丁された丁子紅子さんの作品。
掛け軸は、「典雅堂」さん。

その佇まいは、床の間に昔からあるかの如く存在していました。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. ロマンティックロシア

    2019.01.18

    ロマンティックロシア

    Bunkamuraザミュージアムで開催中のロシア国立トレチャコフ美術館所蔵品展。まも…

    ロマンティックロシア
  2. プラン・ラウンジ11月 出張報告会~インドネシア&ラオス~

    2018.11.17

    プラン・ラウンジ11月 出張報告会~インドネシア&ラオス~

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動がなさ…

    プラン・ラウンジ11月 出張報告会~インドネシア&ラオス~
  3. 2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)

    2020.01.11

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)

    令和になって初めてのお正月。せっかくなので、いつもと違う過ごし方。上野の杜近くに宿泊し、美術館巡りを…

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)
  4. 「辰野金吾と美術のはなし 」

    2019.11.12

    「辰野金吾と美術のはなし 」

    東京駅丸の内の長い整備期間中に知った、東京駅の設計者辰野金吾の名前。その建築家・辰野金吾(1854-…

    「辰野金吾と美術のはなし 」
  5. チームラボプラネッツ(豊洲)

    2018.10.25

    チームラボプラネッツ(豊洲)

    いまや全国各地で開かれるチームラボさんのイベント。東京都内では、お台場と豊洲でそれぞれ開かれています…

    チームラボプラネッツ(豊洲)
  6. 京都で和を楽しむ。(その1)

    2019.06.21

    京都で和を楽しむ。(その1)

    京都で開催される貴重なイベントに参加してきました。季節よく緑の映える日でもあったので、心身のリフレッ…

    京都で和を楽しむ。(その1)
  7. アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

    2019.05.7

    アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

    会期は終了してしまい事後となりますが、勉強にもなり、楽しむこともできた展覧会のご報告です。個…

    アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
  8. 映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~

    2020.01.5

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材とし…

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「映像の存在意義」について考察しました。(課題レポ…

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~
  9. プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会

    2019.01.22

    プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動がなさ…

    プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP