金沢21世紀美術館で9/1まで開かれていた「永遠の海に浮かぶ無常の花」を観るために、夜行バスで金沢入り。
オープンまでの数時間、兼六園ですがすがしい朝のひと時を過ごすことができました。

兼六園と言えば、冬の雪に備えた「雪吊」の松の景色が思い浮かびますが、
夏の朝(7時台)のさわやかな空、松の緑、青紅葉をはじめとしたその他の様々緑と、色鮮やかな景観を楽しめました。

日本三大名園の一つとされる兼六園、その名前の由来は、
宋の詩人・李格非(りかくひ)の書いた「洛陽名園記」の中から、宏大と幽邃、人力と蒼古、水泉と眺望、という相反する六つの景観をすべて兼ね備えているということから、松平定信が名付けたとされています。

印象に残ったのは「根上松」(ねあがりまつ)
13代藩主・前田斉泰(なりやす) が土を盛り上げて若松を植え、成長後に土を除いて根をあらわにしたものと言われている高さ約15メートルの黒松です。

また、築山である「山崎山」
その頂からみるいっぱいの青紅葉と霞が池に流れる曲水のせせらぎは、一服の清涼剤となります。

ひとしきり散策して、汗も感じ始めたころに訪れたのは「時雨亭」

20分に一回ぐらいのタイミングでお抹茶か煎茶をいただくことができます。
控えの間も、お茶席の間も、庭園を望む趣のある部屋。

美味しいお茶とお菓子をいただきながら観る景観は、思わず長居したくなるような心地のよさです。

そして兼六園を出て、チームラボの展示も観て帰途につこうとするところで発見してしまった看板。
画業50周年突破記念「永井GO展」
石川県立歴史博物館赤レンガミュージアムにて、本日限り(2019年8月25日まで)。
これは、行かないと後悔すると思い、予定変更して観てきました。
(あとあと、2019年9月14日(土)~29日(日)まで上野の森美術館で開催することに気づいて、若干凹みました。)

50年突破でまだまだ健在。
そして、紹介されている作品は、どれもこれも見たことあるものばかり。凄いです。
ボークス社さんの妖鳥シレーヌ のフィギュアは、妖艶で白の美しいモデルで印象的でした。

上述のように、今月からは東京:上野の森美術館、大阪:大阪文化館(天保山)にて開催されるようです。
詳細は、こちらの公式サイト、をご覧ください。
そして、ぜひ足をお運びください。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 第18回文化資源学フォーラム 「コレクションを手放す 譲渡、売却、廃棄」

    2019.05.29

    第18回文化資源学フォーラム 「コレクションを手放す 譲渡、売却、廃棄…

    2019年2月17日(日)13:30〜17:00会場:東京大学本郷キャンパス法文2号館1番大教室この…

    第18回文化資源学フォーラム 「コレクションを手放す 譲渡、売却、廃棄」
  2. UNHCR支援活動始めます。

    2019.03.6

    UNHCR支援活動始めます。

    Plan international Japan さんへの活動を通じてあらためて興味を持った難民問題…

    UNHCR支援活動始めます。
  3. 藪崎次郎 カタログブック 2017-2020『Fantastic Landscape Art Photography』

    2020.05.27

    藪崎次郎 カタログブック 2017-2020『Fantastic La…

    写真家藪崎次郎さんのカタログブックがIsland Galleryのオンラインサイトで、絶賛発売中です…

    藪崎次郎 カタログブック 2017-2020『Fantastic Landscape Art Photography』
  4. 中野嘉之の世界 -時空を超えた出会い、感動とその美-

    2020.03.7

    中野嘉之の世界 -時空を超えた出会い、感動とその美-

    中目黒の「さくら」の美術館。何度運んでも、新たな発見と感動をくれるお気に入りの美術館。2/23いっぱ…

    中野嘉之の世界 -時空を超えた出会い、感動とその美-
  5. 根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説

    2019.04.30

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員に…

    毎年この時期に根津美術館で展示される国宝指定作品、尾形光琳の「燕子花図屏風」。根津美術館でも代表…

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説
  6. (妄想)にこたまライジングフォトアートミュージアム

    2019.07.10

    (妄想)にこたまライジングフォトアートミュージアム

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「博物館経営論」について考察しました。(課題レ…

    (妄想)にこたまライジングフォトアートミュージアム
  7. 日本画「青・蒼・碧」展

    2019.07.30

    日本画「青・蒼・碧」展

    お気に入りの郷さくら美術館(※1)。現在開催中の企画展(コレクション展)『日本画「青・蒼・碧」展』を…

    日本画「青・蒼・碧」展
  8. 山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130年記念 奥村土牛

    2019.03.25

    山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130年記念 奥村土牛

    少し桜には早い時期に、一足早く 「醍醐」の桜を楽しみました。圧巻の醍醐桜ですが、奥村土牛の作品には、…

    山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130年記念 奥村土牛
  9. 「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    2019.08.26

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    会期は終了してしまいましたが、東海道の旧宿場町、由比の本陣にある「静岡市東海道広重美術館」で、浮世絵…

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP