コンセプトは、以下の通り。

チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。
非物質的であるデジタルテクノロジーによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトです。
「森と湖の光の祭」 公式ページ より)

人とインタラクティブに反応する巨大風船たちと音楽が幻想的ながらホッとする空間を提供してくれました。

呼応する、たちつづけるものたちと森 / Resisting and Resonating Ovoids and Forest

森に置かれた立ち続ける物体と木々が光り輝く。立ち続ける物体と木々の光は、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。

https://www.teamlab.art/jp/ew/objects-and-forest/

湖面に立つ、自立しつつも呼応する生命 / Autonomous Resonating Life on the Lake Surface

湖面に立つ、光の物体は、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。

https://www.teamlab.art/jp/ew/autonomous-onthelakesurface/

浮遊する、呼応する球体 / Floating, Resonating Spheres

浮遊する光の球体は、自律し、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのようにふるまう。

https://www.teamlab.art/jp/ew/fr_spheres/

メッツァビレッジ

会場となったメッツァビレッジは、埼玉県飯能市、宮沢湖畔にできた北欧ライフスタイルのテーマパーク(?)。
まもなくオープン(2019年3月)ムーミンバレーパークで、本格的に活動開始といった感じでしょうか。
それでも、マーケットホールやバイキングホールといった会場で、北欧、そして地元地産の製品や商品を眺めていると木や森のぬくもりが満載で、自然の暖かみをものすごく感じることができるところです。

宮沢湖は、まだ周回することはできませんでしたが、周回できるようになれば、自然と対話しながらのウォーキングも楽しめそうですし、カヌー体験等、水との体験もできるようです。
近くに温泉施設が有るようですが、メッツァビレッジ内に北欧スタイルの宿泊施設が有るともっと楽しめそう。

チケットは、イベント公式サイトである下記からの購入が便利です。
https://ticket.teamlab.art/order

本イベントも含むチームラボの作品群は、公式サイト をご覧ください。
これだけでも、時間を忘れて、見入ってしまいます。

次は、広島?、佐賀(武雄温泉)?、上海
遠いけど、行ってみたいなあ。。。。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展

    2019.02.28

    「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展

    横浜の名渓「三渓園」にて、2/11まで開かれていた写真展を訪問してきました。さまざまな国の駐日大…

    「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展
  2. 皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -

    2019.01.27

    皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -

    1/20(日)で会期は終了してしまいました。お目当てだった東山魁夷の「満ち来る潮」が壁一…

    皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -
  3. 余徳耀美術館(YUZ MUSEUM)

    2019.07.1

    余徳耀美術館(YUZ MUSEUM)

    TANK上海(Teamlabのイベント)を観に行った際に、偶然近くで見つけた現在美術館。「掘り出し物…

    余徳耀美術館(YUZ MUSEUM)
  4. 「黒田記念館」の特別公開を楽しむ。

    2020.02.25

    「黒田記念館」の特別公開を楽しむ。

    小学校か中学校の美術教育の賜物でしょうか、黒田清輝と言えば、「明治維新後に確立されていく日本における…

    「黒田記念館」の特別公開を楽しむ。
  5. プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会

    2019.01.22

    プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動がなさ…

    プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会
  6. 陰翳礼賛

    2020.02.5

    陰翳礼賛

    谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)1…

    陰翳礼賛
  7. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2019.12.18

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    12月に入り、過日となってしまいましたが、チャイルドからの手紙が届きました。…

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  8. 「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール展」

    2018.11.24

    「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール…

    国立新美術館で開催されている2つの企画展。「生誕110年東山魁夷展」中学生のころ、退屈でしか…

    「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール展」
  9. 「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    2019.08.26

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    会期は終了してしまいましたが、東海道の旧宿場町、由比の本陣にある「静岡市東海道広重美術館」で、浮世絵…

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP