京都最古の禅寺として知られる建仁寺。雲龍図や双龍図で有名なことは知っており、一度は訪れたかったお寺です。
そして、素晴らしい作家さん、作品を知ることができました。

鎌倉時代の1202年に栄西禅師によって開山された臨済宗の建仁寺派の総本山。
祇園・花見小路の先という町中にありながら、一歩境内に入ると静かで穏やかながら厳かな空間となります。

「本坊」から拝観となり、まず迎えてくれるのが俵屋宗達の二曲一双「風神雷神図屏風」。
実物は京都国立博物館に寄託中のため、高精細複製作品となりますが、やはり迫力のある作品のお出迎えは、ピンとします。

そして左に進むと、「方丈」となります。まず目につくのが雲龍図。

海北友松(かいほうゆうしょう)により桃山時代に作成された「雲竜図」は、キャノン株式会社さんの文化財未来継承プロジェクト「綴TSUZURI」の中で高精細複製品として復元されて常設展示されています。

そして居心地のよい庭園を見ていると、時のたつのを忘れてしまいます。

一旦、「方丈」を後にして、「法堂」(はっとう)に。
そこには、2002年建仁寺創建800年を記念して創作された小泉惇作画伯の「双龍図」が天井を覆います。

どこの角度から見ても二頭の龍の迫力に圧倒されます。

小泉惇作画伯は、鎌倉建長寺の「雲龍図」も手掛けられたとのこと。
機会を見つけて、そちらも拝見したいと思います。

小泉淳作作品集

中古価格
¥6,980から
(2019/9/22 22:11時点)

「方丈」を後にして、「本坊」の奥に進むと、そこは「潮音庭」や「〇△□乃庭」といった特徴的な庭園が控えています。

ここで、これまで知らなかった素敵な作品に出合いました。鳥羽実花さんの「凪」と「船出」。
もちろん、既に著名な方、作品なのですが、事前に未確認だったので、目の前に作品が現れた時には、

他にも、目に留まる素敵な作品がいっぱいあります。

建仁寺は、情報メディアにも積極的。

公式サイトは大変充実しており、ギャラリーでまずは、満喫できます

そしてyoutube動画もあります。

オンラインで読めるリーフレットもありますよ。

また、インスタグラムのアカウントもあり。
事前に確認して、そして現地で実際にご覧になって、またソーシャルメディアで楽しむ、お勧めです。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 2019年のカレンダーは(続)

    2018.11.17

    2019年のカレンダーは(続)

    会社設立後、初めての年末年始のご挨拶。ご挨拶の際にお配りしたい来年2019年のカレンダー、調達完…

    2019年のカレンダーは(続)
  2. イタリアの「まち」の美しさについて(その2)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その2)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その2)
  3. イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)
  4. 現代アートの”お金”の話

    2019.03.19

    現代アートの”お金”の話

    2019年2月26日 19:00-21:00 於:WASEDA NEO講師;船山公認会計士事務所船山…

    現代アートの”お金”の話
  5. チームラボ 森と湖の光の祭(メッツァビレッジ)

    2019.02.10

    チームラボ 森と湖の光の祭(メッツァビレッジ)

    コンセプトは、以下の通り。チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロ…

    チームラボ 森と湖の光の祭(メッツァビレッジ)
  6. 2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)

    2020.01.11

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)

    令和になって初めてのお正月。せっかくなので、いつもと違う過ごし方。上野の杜近くに宿泊し、美術館巡りを…

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)
  7. 山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130年記念 奥村土牛

    2019.03.25

    山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130年記念 奥村土牛

    少し桜には早い時期に、一足早く 「醍醐」の桜を楽しみました。圧巻の醍醐桜ですが、奥村土牛の作品には、…

    山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130年記念 奥村土牛
  8. プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙

    2019.02.25

    プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動が…

    プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙
  9. 女性と浮世絵展

    2019.06.7

    女性と浮世絵展

    この春、いくつか開かれていた浮世絵展。その中でも女性が関連する3つの展覧会が印象的だったので、事後と…

    女性と浮世絵展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP