谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。
初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)12月号と1934年(昭和9年)1月号への連載、単行本は1939年(昭和14年)6月に創元社より刊行されたようです。

日本人の芸術的な感性・美意識について「陰翳」をキーワードに家屋に始まり、日常生活の衣食住全般にわたって論じてくれている内容。西洋化の進んでいく中で、それを決して否定するだけでもなく。
西洋化(それを近代化、現代化と呼ぶ)してしまった現在になって読んでも、「う~ん、なるほど。」と思うことばかり。

そして、今回ご紹介したいのは、パイインターナショナルさんから出版されている「陰翳礼賛」。

谷崎潤一郎のオリジナルに対して、写真家大川裕弘氏が「和」の雰囲気いっぱいの写真をつけたもの。
大川氏は、「空気を撮る名匠」、「気配を捉まえる達人」と評されている方。

その2つの取り合わせが絶妙で、眺めて良し、読んで良し、文を踏まえて更に眺めて良し、という書籍(ビジュアルブック)です。

潤一郎の評論も、大川氏の作品も、これまで知らなかっただけに、大変素敵な出会いとなりました。

能書きは抜きにして、気にいった部分を抜粋させていただきます。(順不同)

いかがですか?
谷崎潤一郎と大川裕弘のコラボレーション作品といっても良い1冊、ぜひお手に取ってお楽しみください。

紙媒体で購入し、1冊は保存用、
もう1冊は、分解してフォトアルバムや額に入れて、場所や季節・時間に合わせて変更できるすてきなインテリア

そして、電子媒体でもう1冊。電子写真集として、いつでもどこでも癒しの眺めを堪能してます。

陰翳礼讃

新品価格
¥2,052から
(2020/2/5 14:30時点)

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2019.12.18

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    12月に入り、過日となってしまいましたが、チャイルドからの手紙が届きました。…

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  2. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2019.07.29

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    過日となってしまいましたが、ちょうど「ふみの日」(7/23)にチャイルドからの手紙が届きました。元気…

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  3. 現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019.02.19

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019年2月7日 19:00-20:30 @ DMM本社24F(住友不動産六本木グランドタワー24…

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―
  4. 「利休に想いを寄せて」

    2018.08.11

    「利休に想いを寄せて」

    書家、書道家本田ルミさんが、2018年7月の「FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 」で開…

    「利休に想いを寄せて」
  5. 皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -

    2019.01.27

    皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -

    1/20(日)で会期は終了してしまいました。お目当てだった東山魁夷の「満ち来る潮」が壁一…

    皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -
  6. MOA美術館

    2019.08.24

    MOA美術館

    久しぶりに訪問したMOA美術館。改めて発見することが多く、実りある訪問でした。 …

    MOA美術館
  7. 京都で和を楽しむ。(その1)

    2019.06.21

    京都で和を楽しむ。(その1)

    京都で開催される貴重なイベントに参加してきました。季節よく緑の映える日でもあったので、心身のリフレッ…

    京都で和を楽しむ。(その1)
  8. チームラボボーダレス(お台場)

    2019.01.1

    チームラボボーダレス(お台場)

    いまや全国各地で開かれるチームラボさんのイベント。東京都内では、お台場と豊洲でそれぞれ開かれています…

    チームラボボーダレス(お台場)
  9. 2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)

    2020.01.11

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)

    令和になって初めてのお正月。せっかくなので、いつもと違う過ごし方。上野の杜近くに宿泊し、美術館巡りを…

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP