谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。
初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)12月号と1934年(昭和9年)1月号への連載、単行本は1939年(昭和14年)6月に創元社より刊行されたようです。

日本人の芸術的な感性・美意識について「陰翳」をキーワードに家屋に始まり、日常生活の衣食住全般にわたって論じてくれている内容。西洋化の進んでいく中で、それを決して否定するだけでもなく。
西洋化(それを近代化、現代化と呼ぶ)してしまった現在になって読んでも、「う~ん、なるほど。」と思うことばかり。

そして、今回ご紹介したいのは、パイインターナショナルさんから出版されている「陰翳礼賛」。

谷崎潤一郎のオリジナルに対して、写真家大川裕弘氏が「和」の雰囲気いっぱいの写真をつけたもの。
大川氏は、「空気を撮る名匠」、「気配を捉まえる達人」と評されている方。

その2つの取り合わせが絶妙で、眺めて良し、読んで良し、文を踏まえて更に眺めて良し、という書籍(ビジュアルブック)です。

潤一郎の評論も、大川氏の作品も、これまで知らなかっただけに、大変素敵な出会いとなりました。

能書きは抜きにして、気にいった部分を抜粋させていただきます。(順不同)

いかがですか?
谷崎潤一郎と大川裕弘のコラボレーション作品といっても良い1冊、ぜひお手に取ってお楽しみください。

紙媒体で購入し、1冊は保存用、
もう1冊は、分解してフォトアルバムや額に入れて、場所や季節・時間に合わせて変更できるすてきなインテリア

そして、電子媒体でもう1冊。電子写真集として、いつでもどこでも癒しの眺めを堪能してます。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 「スーパークローン文化財ってなに?」

    2019.09.23

    「スーパークローン文化財ってなに?」

    何?って思い、東京藝術大学の陳列館に行ってきました。「陳列館」…

    「スーパークローン文化財ってなに?」
  2. 「見た目」と「見た目問題」

    2020.03.22

    「見た目」と「見た目問題」

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「見た目」と「見た目問題」について考察しました。(…

    「見た目」と「見た目問題」
  3. 現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019.02.19

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019年2月7日 19:00-20:30 @ DMM本社24F(住友不動産六本木グランドタワー24…

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―
  4. ファインアートフォトを世界に広める個展の運営とは

    2020.10.11

    ファインアートフォトを世界に広める個展の運営とは

    京都芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「ファインアートフォトを世界に広める個展の運営」につい…

    ファインアートフォトを世界に広める個展の運営とは
  5. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2019.12.18

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    12月に入り、過日となってしまいましたが、チャイルドからの手紙が届きました。…

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  6. 手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020.11.5

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020年11月23日(月)~渋谷で開催される「安斉紗織×荒井沙織 二人のさおり展」。個性あるお…

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画
  7. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2019.07.29

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    過日となってしまいましたが、ちょうど「ふみの日」(7/23)にチャイルドからの手紙が届きました。元気…

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  8. 兼六園で朝のひと時を心地よく

    2019.09.9

    兼六園で朝のひと時を心地よく

    金沢21世紀美術館で9/1まで開かれていた「永遠の海に浮かぶ無常の花」を観るために、夜行バスで金沢入…

    兼六園で朝のひと時を心地よく
  9. 出光美術館のコレクション

    2019.11.3

    出光美術館のコレクション

    2019年、11月に入り、気の早い方々のカウントダウンも始まりそうな時期になってきました。そんな中で…

    出光美術館のコレクション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP