【七人の女性芸術家】
マリア・ヴィーク Maria Wiik
ヘレン・シャルフベック Helens Schjerfbeck
エレン・テスレフ Ellen Thesleff
シーグリッド・ショーマン Sigrid Sesemann
エルガ・セーセマン Elga Sessemann
シーグリッド・アフ・フォルセルス Sigrid af Forselles
ヒルダ・フルディーン Hilda Flodin

話題の「松方コレクション展」と同時開催の企画展。

期待を持ちつつ、
その期待通りで嬉しかった「Modern Woman」展を観てきました。。

日本とフィンランドの外交関係樹立100年を記念して行われている各種イベントの一つです。

フィンランドの激動の時代、旧帝政ロシアからの強い圧力(「フィンランド化」(Finlandization)という言葉が生まれるくらい)を受け、そしてそれに抵抗していた時代、
に活躍した7人の女性芸術家の作品展です。

日本で言えば、日露戦争の手前ぐらい、まだまだ女性芸術家の活躍というのは限られていた時代。既にフィンランドでは芸術学校で男女問わず芸術専門教育が行われていたようです。

7人の芸術家さんとその作品(筆者が各7人の作品の中で気になったもの)は、以下の通り。

『教会にて』In the Church, Maria Wiik
『ボートをこぐ女性、スケッチ』Woman Rowing, Sketch, Maria Wiik
『シルクの靴』Silk Shoes, Helens Schjerfbeck
『快復期』The Convalescent, Helens Schjerfbeck
『快復期』The Convalescent, Helens Schjerfbeck
『フィンランドの春』Finland's Spring, Ellen Thesleff
『花売り』The Flower Seller, Elga Sessemann
『人類の戦い(エッダ、ラグナロクより)』The battle of men, subject from Eddan, Ragnarök, Sigrid af Forselles
『トスカーナの風景』Landscape from Tuscany, Ellen Thesleff
『モデル』Model, Sigrid Sesemann
『自画像』Self-portrait, Hilda Flodin

この中でも、エレン・テスレフ Ellen Thesleffが、一番印象に残りました。

『フィレンツェ』Florence, Ellen Thesleff

こちらも会期は2019年9月23日までです。「松方コレクション展」と一緒にお楽しみください。

(注)
本投稿の作品画像は、ポストカード・図録等を撮影したものです。従って、色、全体の構図などは実物とは異なります。
ぜひ、国立西洋美術館に足をお運びになり、実物をご覧ください。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 「利休に想いを寄せて」

    2018.08.11

    「利休に想いを寄せて」

    書家、書道家本田ルミさんが、2018年7月の「FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 」で開…

    「利休に想いを寄せて」
  2. 旧白洲邸武相荘 「冬」展

    2019.02.24

    旧白洲邸武相荘 「冬」展

    2月の三連休に、お邪魔してきました。 四季折々に合わせて、白洲ご夫妻のコレクショ…

    旧白洲邸武相荘 「冬」展
  3. アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

    2019.05.7

    アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

    会期は終了してしまい事後となりますが、勉強にもなり、楽しむこともできた展覧会のご報告です。個…

    アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
  4. 2019年のカレンダーは(続)

    2018.11.17

    2019年のカレンダーは(続)

    会社設立後、初めての年末年始のご挨拶。ご挨拶の際にお配りしたい来年2019年のカレンダー、調達完…

    2019年のカレンダーは(続)
  5. 「スーパークローン文化財ってなに?」

    2019.09.23

    「スーパークローン文化財ってなに?」

    何?って思い、東京藝術大学の陳列館に行ってきました。「陳列館」…

    「スーパークローン文化財ってなに?」
  6. イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)
  7. 映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~

    2020.01.5

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材とし…

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「映像の存在意義」について考察しました。(課題レポ…

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~
  8. 京都で和を楽しむ。(その2)

    2019.06.22

    京都で和を楽しむ。(その2)

    京都で開催される貴重なイベントに参加してきました。季節よく緑の映える日でもあったので、心身のリフレッ…

    京都で和を楽しむ。(その2)
  9. 陰翳礼賛

    2020.02.5

    陰翳礼賛

    谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)1…

    陰翳礼賛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP