2月の三連休に、お邪魔してきました。

四季折々に合わせて、白洲ご夫妻のコレクション展示を楽しませてくれます。
武相荘の「冬」展は、2/24まで。ギリギリのご報告となります。

納屋を改造した「Bar」では、当時が偲ばれます。

「目利き」として有名な白洲正子さんのコレクション。
「たしなみについて」、「ほんもの:白洲次郎のことなど」など多くの著作物において、素晴らしいモノ、ほんものについて言及されてますが、元々(作成、利用されている当時)は、日常使いを意図した「機能美」を備えていることが重要視されています。

白洲正子さんのコレクションに関する著作のいくつかを、下記にご紹介させていただきます。

たしなみについて

新品価格
¥821から
(2019/2/24 07:49時点)

ほんもの: 白洲次郎のことなど (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2019/2/24 07:52時点)

白洲正子“ほんもの”の生活 (とんぼの本)

新品価格
¥1,620から
(2019/2/24 07:54時点)

白洲家の晩ごはん (とんぼの本)

新品価格
¥1,728から
(2019/2/24 07:56時点)

今回は、併せて、母屋から続く洋風の建物で今はレストランとして営業されてる「Restaurant & Cafe 武相荘」で、ランチをいただいてきました。

白洲次郎が好んで作ったという「武相荘の海老カレー」、白洲次郎が大好物だったという「次郎の親子丼」を楽しみつつ、
締めには、「武相荘のどら焼き」を堪能しました。

どのメニューも「こだわり」を感じると共に、お二人(特に白洲次郎)の海外体験(イギリス)が影響し、洋風の「トラディショナル」が継承されている気がしました。

旧白洲邸武相荘のHPは、こちら

よろしければ、こちらの記事(旧白洲邸武相荘関連)もご覧ください。
https://prumodela.co.jp/2018/09/23/art-of-life/

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. MOA美術館

    2019.08.24

    MOA美術館

    久しぶりに訪問したMOA美術館。改めて発見することが多く、実りある訪問でした。 …

    MOA美術館
  2. 根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説

    2019.04.30

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員に…

    毎年この時期に根津美術館で展示される国宝指定作品、尾形光琳の「燕子花図屏風」。根津美術館でも代表…

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説
  3. はじめまして

    2018.07.24

    はじめまして

    プルモデラサイトの投稿ページです。不定期となりますが、スタッフのいろいろな所感を徒然に投稿させて…

    はじめまして
  4. 太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019.11.9

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019年夏の美術館巡りでも印象に残った目黒区美術館での展覧会です。すでに会期(2019年7月13日…

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家
  5. 現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019.02.19

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019年2月7日 19:00-20:30 @ DMM本社24F(住友不動産六本木グランドタワー24…

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―
  6. チームラボTANK上海

    2019.06.30

    チームラボTANK上海

    いまや日本のみならず世界中の各地で開かれるチームラボさんのイベント。上海の新興開発地区(西岸 W…

    チームラボTANK上海
  7. 「Modern Woman」展も見逃せません。

    2019.08.16

    「Modern Woman」展も見逃せません。

    【七人の女性芸術家】マリア・ヴィーク Maria Wiikヘレン・シャル…

    「Modern Woman」展も見逃せません。
  8. ファインアートで和を極めてみる。

    2020.02.23

    ファインアートで和を極めてみる。

    素晴らしいファインアートの世界を提供してくださるIsland Galleryさん。そこで、201…

    ファインアートで和を極めてみる。
  9. 陰翳礼賛

    2020.02.5

    陰翳礼賛

    谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)1…

    陰翳礼賛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP