東京都美術館で開催中の伊庭靖子展「まなざしのあわい」。
光、色、質感というキーワードを意識する、感じることのできる素敵な展示でした。

【あわい】

①物と物のあいだ。また、あいだの距離。ま。
②時間と時間とのあいだ。時間的隔たり。
③人と人の間柄。相互の関係。
④色の取り合わせ。配色。
⑤おり。形勢。

「あわい」とは「間(あわい)」である。(ということを学びました。)
それ故に、タイトルは、作家(伊庭靖子さん)の眼差しと対象物と距離感・間に焦点が当てられていることになります。それが、対象物の質感やそれが纏う光の描かれた作品という形で、我々に提供されているようです。

クッションシリーズ、器シリーズは、対象物を写真に収めたのちにそれを絵に描くという伊庭さんの初期を代表する作品群であり、色を持ちながらも透明感強く、どの作品も明度、彩度が高いということでしょう。

そして透明感が強いながらも、透明が無色でないことも特徴だと思います。
これらが、伊庭さんの大切にしているという「質感」の表現につながってくるのでしょうか。

アクリルボックスに入れた花器を写真に収めたのちにそれらを描くシリーズでは、一般的に透明と言われるアクリルボックスにも色が付けられています。というか、色を意識することができます。
それはグレーであり、ベージュであり、光の当たり方で全体的に紗がかかったような薄い膜のような形状で表現されています。
そして他の物体を投影した色も持っています。
それらの色を綺麗に巧みに描き分ける伊庭さんの色使いは卓越した才能だと思います。

そして最近のシリーズは、シルクスクリーンの風景画。切り取る断面は、特別な場所、風光明媚な場所ではない日常的な場所のように思えるのですが、切り取り方が独特なのでしょうか、印象に残ります。
そして驚くのはその描き方。とてもとても細かい点(ドット)重ねることで出来上がった作品です。その細かさ故に、光の陰影、質感が繊細に表現可能となっていると思います。

これまでに見た様々な作品(著名なモノ、それほどでも無いモノ)の中で、最も、光と透明感、そして色を意識した気がします。
本掲載の写真は図録からの取得ですので、正直、光と透明感、そして色を感じられません

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora Studiesへの招待」

    2019.07.14

    「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora St…

    日時 2019年7月9日 18:30-20:00場所 イタリア…

    「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora Studiesへの招待」
  2. プラン・ラウンジ8月 「遠い国の女の子の親になる」ってどういうこと?

    2019.09.1

    プラン・ラウンジ8月 「遠い国の女の子の親になる」ってどういうこと?

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。久しぶりに、現地でどん…

    プラン・ラウンジ8月 「遠い国の女の子の親になる」ってどういうこと?
  3. イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)
  4. 京都で和を楽しむ。(その1)

    2019.06.21

    京都で和を楽しむ。(その1)

    京都で開催される貴重なイベントに参加してきました。季節よく緑の映える日でもあったので、心身のリフレッ…

    京都で和を楽しむ。(その1)
  5. 2019年のカレンダーは。

    2018.10.23

    2019年のカレンダーは。

    会社設立後、初めての年末年始のご挨拶。ご挨拶の際にお配りしたい来年2019年のカレンダー、調達完…

    2019年のカレンダーは。
  6. 京都で和を楽しむ。(その2)

    2019.06.22

    京都で和を楽しむ。(その2)

    京都で開催される貴重なイベントに参加してきました。季節よく緑の映える日でもあったので、心身のリフレッ…

    京都で和を楽しむ。(その2)
  7. アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

    2019.05.7

    アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

    会期は終了してしまい事後となりますが、勉強にもなり、楽しむこともできた展覧会のご報告です。個…

    アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
  8. 「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    2019.08.26

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    会期は終了してしまいましたが、東海道の旧宿場町、由比の本陣にある「静岡市東海道広重美術館」で、浮世絵…

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」
  9. 「凪」と「船出」by 鳥羽実花 @ 建仁寺

    2019.09.23

    「凪」と「船出」by 鳥羽実花 @ 建仁寺

    京都最古の禅寺として知られる建仁寺。雲龍図や双龍図で有名なことは知っており、一度は訪れたかったお寺で…

    「凪」と「船出」by 鳥羽実花 @ 建仁寺

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP