2019年2月7日 19:00-20:30 @ DMM本社24F(住友不動産六本木グランドタワー24F)

tagboat社主催のセミナー「現代アート徹底研究講座 -基礎編から応用編、最新アートニュースまで―」を聴講しましたので、備忘を兼ねたメモを。
講師は、tagboat社代表 徳光健治氏。tagboat社は、そのミッションが

タグボートは世界でもっともITを活用するギャラリーです。
我々はアートのポータルサイトを目指すのではなく、独自の視点から質の高いアートを セレクトし、ITによって付加価値を上げて販売していくことを使命としています。

顧客にとってアートを身近で分かりやすいものとし、顧客とアートの間にあるハードルを 無くすことを目的とします。
勘や経験ではなくデータ分析に基づいた経営でアートマーケットを革新していきます。

(公式サイト より)

という、ギャラリー。 当社が進みたい道を、かなり先に進んでいらっしゃる会社さんです。

今回の「メインテーマ」は、
「現代アートのマーケットを俯瞰的に見る、そして、その未来像を予想する」
でした。

1.AIの時代にアートはどう変わるのか

仕事(タスク)がなくなり(ホワイトカラーの30%程度が職を失うのでは)、暇な時間が増える、アーティストを目指す

アーティストの増加(芸大生は減ってきてるが、アーティストは増加傾向)、作品数の増加

作品数 > 購入者数  → 作品のデフレ化
21世紀になって30点が100億超で取引された、、
というピラミッドの頂点はあるもののマーケットは広がって、安く手に入れる市場ができてきている。

一般層のマーケットが拡大していく。(けど、単価も抑えられる。)

2.アートを買う理由

・部屋にある空間を埋めたい
・自分の趣味嗜好に囲まれて過ごしたい
・センスのある作品を所蔵していることを自慢したい(センスの良さ)
・作品の値上がりを狙って資産価値を増やしたい
・才能ある作家を応援したい(パトロン)

今後の方向性は、資産価値増大、パトロンとしての購入者が増えてくる。

3.世界のアートマーケット(いわゆる現代アート、古美術は含まず)

全体で8兆円。
1人当たりのアート年間購入額は、アメリカで約10,000円、日本で約400円。

4.投資としてのアート

全世界株価の平均よりも、現代アートのオークションでの平均値は上回っている。(1998年を100とする)
同時に、景気との連動は高く、トレンド自体は株価の推移にリンク。
(したがって、tagboat社の売上も、日経平均にかなり連動)
株式に比べて手数料は高いので、短期売買は向かない。長期保有が前提となる。

30、40代の起業家がアート作品を買い始めた。(日本人)
2016年に前澤氏が買ったバスキアは60億円。
その前年2015年、戦後生まれのアーティストのオークション価格、バスキアがトップで125億円。
(参考 奈良美智で、16位15億円)
2016年133億円 2017年313億円(125億で前澤氏が買った年(2017年7月))
→ 相場を動かしたことになる。
前澤氏購入後、高額取引のトップ25のうち10はバスキア。(高値で売る人も出ているという意味)
バスキアの平均価格が3倍以上になった。

5.売れる人は? (オークション売上トップテンのキャリアパスの共通点)

国際的な美術展にどれだけ出展できているか?
各地で行われるビエンナーレ、トリエンナーレ  特に「ベネチアビエンナーレ」。
パリ近代美術館、テートギャラリー、ドクメンタ、グッゲンハイム美術館、バイエラー財団美術館、ポンピドゥーセンター、ホイットニー美術館、など。

「権威はヨーロッパで作られ、マーケットは米国で作られる」

アートマーケットの拡大要因は?
富裕層の年齢が若い国は、マーケットが莫大に拡大する) ← 日本の個人資産1800兆円のうち70%以上が70代
資金が流動的であること ← 日本では多くが現金や土地で塩漬け保管
「セカンダリー市場をエンジンとして、プライマリー市場が回る」

ギャラリーから1回買った人がオークションなどに出すことで、マーケットの拡大につながる。

日本は、セカンダリーが小さすぎる。(クリスティやサザビーズの取扱額の2桁違う日本のオークション会社)

6.「米国で現代アートの市場が拡大する理由」⇒「アートが資本主義化している」

現代アートは戦後の米国で生まれ、米国の覇権と共に歩んできた。
1935年からの8年間、ニューデイール政策の一環として「連邦美術プロジェクト」あり。10000人近くのアーティストが恩恵を受け、40万点以上の作品が生み出された。その中に、ヨーロッパの戦火、ナチ迫害から逃れてきていたユダヤ系も多かった。
そして、戦後の評論家が理論的権威付けを行った。(著名な二人もユダヤ系)
 クレメント・グリーンバーグ ⇒ ミニマルアート
 ハロルド・ローゼンバーグ ⇒ アクションペインティング

アンディ・ウォーホールの登場 
→ シルクスクリーンで複製印刷された作品にも価値が生まれるようになった。

ニューヨークの四大ギャラリー (これらもユダヤ系による経営)
Gagosian(世界最大のギャラリー)、David Zwirner、Hauser & Wirth、PACE
(TeamLab、奈良美智はPACE、村上隆はGagosian)

世界の著名コレクター、美術館の大物、オークションハウスの重鎮、ほぼユダヤ系。
(例外として、フランソワ・ピノー。世界一の現代美術コレクターでクリスティーズのオーナー。グッチ、サンローラン、プーマなど所有。)
オークションハウスの重鎮  これらもユダヤ系。

なぜユダヤ系が強いのか?
土地亡き民である人々が、市場を作って資金を獲得する、というのが得意。
それが、アート市場を作ってインサイダー的な世界を形成している。

7.これから伸びるタイプは?(日本人)

これまでの村上隆タイプは、日本にローカライズされているものをグローバリズムに変換してきた。
これからは、元々グローバル(日本色を押し出さない)な作風が評価されるだろう。
例えば 名和晃平 五木田智央 など。

8.アートの資本主義

「コレクターとアーティスト」の関係は、「投資家と起業家」の関係に。
コレクターは、投資家としてアーティストと会い、見極める。
(企業のIR評価と同じ)
アーティストは、起業家として作品(サービス)を提供する。

アーティストは、セルフプロモーションができてくるので、ギャラリーは単なる仲介ではなく、アーティストをプロデュース(コンサルティング)する。
作品の評価も民主化。コレクターの意見が反映する食べログ型評価の登場(ミシュラン型からの転換。作品が多すぎて評価できない)

9.最近のアートニュース

2019年1月18-20日に開催されていた第一回台北當代(TAIPEI DANGDAI)
(プロデュサー:マグナス・レンフリュー
日本の巨匠クラス(村上隆、草間彌生、奈良美智など)も大きな作品を出していた。なかなか日本でもでてこない。

ローカリズムがグローバリズムに駆逐されていくのでは、、、、
ローカル色が強い「Art Stage Singapore」は直前で開催中止案内。「Art SG」が企画(11月開催予定)されている。 
近代絵画が強くコンテンポラリーの少ないアートフェア東京は、ローカリズムが強く、今後は心配。

10.その他情報

ギャラリー店舗を阪急メンズ東京(銀座)に3/15からオープン。
「教養としてのアート 投資としてのアート」(仮題?)4/19 クロスメディア・パブリッシングより出版予定 

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019.11.9

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019年夏の美術館巡りでも印象に残った目黒区美術館での展覧会です。すでに会期(2019年7月1…

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家
  2. 「文化庁はオモシロイ」、が面白い。

    2019.01.4

    「文化庁はオモシロイ」、が面白い。

    京都への移転を発表したり、いろいろアクティブな活動をされている文化庁。その文化庁が、文化庁創立50周…

    「文化庁はオモシロイ」、が面白い。
  3. 出光美術館のコレクション

    2019.11.3

    出光美術館のコレクション

    2019年、11月に入り、気の早い方々のカウントダウンも始まりそうな時期になってきました。そんな中で…

    出光美術館のコレクション
  4. 映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~

    2020.01.5

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材とし…

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「映像の存在意義」について考察しました。(課題レポ…

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~
  5. プラン・ラウンジ4月 インドネシア国統括事務所長による活動報告

    2019.04.27

    プラン・ラウンジ4月 インドネシア国統括事務所長による活動報告

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動が…

    プラン・ラウンジ4月 インドネシア国統括事務所長による活動報告
  6. 「第八回 桜花賞展」を郷さくら美術館で。

    2020.03.29

    「第八回 桜花賞展」を郷さくら美術館で。

    もはや、これなしに春は過ごせない大切な年中行事となった郷さくら美術館の「桜花賞展」2020年、第八回…

    「第八回 桜花賞展」を郷さくら美術館で。
  7. 「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    2019.08.26

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    会期は終了してしまいましたが、東海道の旧宿場町、由比の本陣にある「静岡市東海道広重美術館」で、浮世絵…

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」
  8. 現代アートの”お金”の話

    2019.03.19

    現代アートの”お金”の話

    2019年2月26日 19:00-21:00 於:WASEDA NEO講師;船山公認会計士事務所船山…

    現代アートの”お金”の話
  9. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2020.03.9

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    11月に投函してくれた、新年のグリーティング、年賀状、ですね。先日、到着しました。 …

    チャイルドからの手紙が到着しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP