「日本人に、本物の芸術を。」そんな熱い想いをもって西洋絵画を収集した「男」松方幸次郎。
そんな彼のコレクション=「松方コレクション」を管理する国立西洋美術館
そこで開かれている開館60周年記念のイベント「松方コレンクション展」を観てきました。

『松方幸次郎の肖像』Portrait of Mr. Kojiro Matsukata, Frank Brangwyn

コレクション展の英語タイトルは、
「THE MATSUKATA COLLECTION A One-Hundred-Year Odyssey」
壮大な理想(「共楽美術館」建設構想)をもって個人の財産で収集した3000点に及ぶ作品、そしてフランスから買い戻したという8000点余りの浮世絵も加えると10000点を超える作品たち。
然しながら、歴史や政治の翻弄、様々な紆余曲折を受けて世界中に散っていった作品たち。

今回は、国立西洋美術館の礎ともなった、戦後にフランス政府から返還された375点、及び、各国に散っている作品の中から約160点が一堂に会したコレクション展
100年に及ぶコレクションの「航海」の集大成と言える企画展です。

松方幸次郎氏の生涯、
そして「松方コレクション」の歴史については
川崎重工業 公式サイトにある「STORIES」に、わかりやすくまとめられています。

『共楽美術館構想俯瞰図、東京』Aerial Perspective of Kyoraku Art Museum, Tokyo, Frank Brangwyn

あまりにも多くの作品を観たので、ここではあくまでも個人的な好み、気になった作品をご紹介したいと思います。

「松方コレクション」と言えば、やはりモネの作品が頭に浮かびますね。
個人的に交友があったと言われるモネの作品は展示数も多く、いろいろ楽しめます。
そんな中でも、お気に入りは、「チャーリング・クロス橋、ロンドン」「ウォータールー橋、ロンドン」
モネ=フランスのイメージが強かった中で、以前に常設展で展示されている時から、霞むような色彩がお気に入りでした。

『チャーリング・クロス橋、ロンドン』Charing-Cross Bridge in London, Claude Monet
『ウォータールー橋、ロンドン』Waterloo Bridge in London, Claude Monet
『雪のアルジャントゥイユ』Snow in Argenteuil, Claude Monet

モネの作品と言えば、
今回の1つの大きな話題、挑戦でもあった「睡蓮、柳の反映」の保存修復作業

過去から引き継がれてきた技術、そして最先端のデジタル技術を駆使して復元された結果を観ることができます。

『睡蓮、柳の反映』修復後デジタル画像全体
『睡蓮、柳の反映』修復後デジタル画像部分(左下署名部分)
『睡蓮、柳の反映』修復後デジタル画像部分
『睡蓮、柳の反映』修復後デジタル画像部分

修復作業の工程などは、コレクション展の公式図録に詳しく記載されてます。ご確認ください。

『地獄の門』The Gates of Hell, Auguste Rodin
『立つ女』Standing Woman, Auguste Rodin

美術館入り口の右手にあるロダンの「地獄の門」。普段から展示(設置)されており、何気なく見ていましたが、これも松方コレクションだったとのこと。世界で7つしか鋳造されておらず、ロダンに最初に発注したのが松方幸次郎という定説であったようですが、実はフィラデルフィアのロダン美術館にあるものの方が早かったという説もあるとか・・・(公式図録より)

他にも、いっぱいいっぱいの作品たちです。

『アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)』Parisiennes in Algerian Costume or Harem, Pierre-Auguste Renoir
『漁船』Fishing Boat, Paul Signac
『ばら』Roses, Vincent van Gogh
『吸血鬼Ⅱ』VampireⅡ, Edvard Munch(大原美術館所蔵品)

多くの作品が、歴史的な資料と共に展示されています。期間は、2019年9月23日となりますので、ぜひ、足をお運びください。
また、
国立西洋美術館の所蔵作品は、こちらのサイトでも検索できます。

http://collection.nmwa.go.jp/artizeweb/search_1_top.do

残念ながら訪問することができない方は、こちらにて作品とその解説をご覧ください。
本レポートに掲載した作品の画像をクリックすると該当作品の解説ページにリンクされます。
(大原美術館所蔵のエドヴァルド・ムンク「吸血鬼Ⅱ」を除く)

「常設展」

あわせて訪れた常設展。今回企画展で展示されなかった松方コレクションの一部や国立西洋美術館として後々加えたコレクションの数々を楽しめます。

『花』Flowers, Pierre Bonnard
『サン=トロぺの港』The Port of Saint-Tropez, Paul Signac

企画展と違い、常設展では「寄託」作品以外は撮影自由というのも嬉しいですね。

国立西洋美術館世界遺産登録証明書
『セーヌ河の朝』Morning on the Seine, Claude Monet
『木かげ』In the Woods, Pierre-Auguste Renoir
『エラニーの秋』Autumn in Eragny, Camille Pissarro

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト

    2019.04.1

    日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト

    日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト皇室の至宝・国宝プロジェクト 記念フォーラム20…

    日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト
  2. (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    2018.08.26

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「視覚文化」について考察しました。(課題レポー…

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」
  3. 「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール展」

    2018.11.24

    「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール…

    国立新美術館で開催されている2つの企画展。「生誕110年東山魁夷展」中学生のころ、退屈でしか…

    「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール展」
  4. 旧白洲邸武相荘 「冬」展

    2019.02.24

    旧白洲邸武相荘 「冬」展

    2月の三連休に、お邪魔してきました。 四季折々に合わせて、白洲ご夫妻のコレクショ…

    旧白洲邸武相荘 「冬」展
  5. 2019年のカレンダーは。

    2018.10.23

    2019年のカレンダーは。

    会社設立後、初めての年末年始のご挨拶。ご挨拶の際にお配りしたい来年2019年のカレンダー、調達完…

    2019年のカレンダーは。
  6. 「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    2019.08.26

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    会期は終了してしまいましたが、東海道の旧宿場町、由比の本陣にある「静岡市東海道広重美術館」で、浮世絵…

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」
  7. プラン・ラウンジ8月 「遠い国の女の子の親になる」ってどういうこと?

    2019.09.1

    プラン・ラウンジ8月 「遠い国の女の子の親になる」ってどういうこと?

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。久しぶりに、現地でどん…

    プラン・ラウンジ8月 「遠い国の女の子の親になる」ってどういうこと?
  8. 手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020.11.5

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020年11月23日(月)~渋谷で開催される「安斉紗織×荒井沙織 二人のさおり展」。個性あるお…

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画
  9. 「辰野金吾と美術のはなし 」

    2019.11.12

    「辰野金吾と美術のはなし 」

    東京駅丸の内の長い整備期間中に知った、東京駅の設計者辰野金吾の名前。その建築家・辰野金吾(1854-…

    「辰野金吾と美術のはなし 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP