Plan international Japan さんへの活動を通じてあらためて興味を持った難民問題。
少しでもお役に立てれば、そしてそのためには、「今、何が起きているのか」をタイムリーに知ることだと思い、
UNHCR(The Office of the United Nations High Commissioner for Refugees 国連難民高等弁務官事務所)の国内委員会である『特定非営利活動法人国連UNHCR協会』の支援活動に参加することにしました。

『特定非営利活動法人国連UNHCR協会』やUNHCRについては、以下の紹介動画などがお勧めです。

グローバルトレンズ2017 (動画)
2017年末時点の難民情勢をお伝えしております。
難民情勢にまつわる数値は、国連が定めました【世界難民の日 6月20日】に更新されます。 
 https://www.youtube.com/watch?v=3LU7TFH18fE

わずかながらですが、地道に継続していきたいと思います。

弊社が行っているのは「毎月倶楽部」という月々一定額の継続支援。お手軽に始められるのがとっても便利です。
よろしければ、こちらより、お申し込みください。

株式会社プルモデラは、国連UNHCR協会の活動に賛同しております。
UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、難民を国際的に保護する活動を行っています。
国連UNHCR協会は、UNHCRの日本における公式支援窓口として2000年10月に設立された特定非営利活動法人(認定NPO法人)です。

関連記事

  1. 兼六園で朝のひと時を心地よく

    2019.09.9

    兼六園で朝のひと時を心地よく

    金沢21世紀美術館で9/1まで開かれていた「永遠の海に浮かぶ無常の花」を観るために、夜行バスで金沢入…

    兼六園で朝のひと時を心地よく
  2. 根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説

    2019.04.30

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員に…

    毎年この時期に根津美術館で展示される国宝指定作品、尾形光琳の「燕子花図屏風」。根津美術館でも代表…

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説
  3. 「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    2019.08.26

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」

    会期は終了してしまいましたが、東海道の旧宿場町、由比の本陣にある「静岡市東海道広重美術館」で、浮世絵…

    「浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界」
  4. プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙

    2019.02.25

    プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動が…

    プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙
  5. 日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト

    2019.04.1

    日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト

    日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト皇室の至宝・国宝プロジェクト 記念フォーラム20…

    日本美を守り伝える TSUMUGU 紡ぐプロジェクト
  6. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2020.03.9

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    11月に投函してくれた、新年のグリーティング、年賀状、ですね。先日、到着しました。 …

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  7. チームラボプラネッツ(豊洲)

    2018.10.25

    チームラボプラネッツ(豊洲)

    いまや全国各地で開かれるチームラボさんのイベント。東京都内では、お台場と豊洲でそれぞれ開かれています…

    チームラボプラネッツ(豊洲)
  8. チームラボTANK上海

    2019.06.30

    チームラボTANK上海

    いまや日本のみならず世界中の各地で開かれるチームラボさんのイベント。上海の新興開発地区(西岸 W…

    チームラボTANK上海
  9. 写真芸術について

    2018.08.1

    写真芸術について

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「写真芸術」について考察しました。(課題レポー…

    写真芸術について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP