もはや、これなしに春は過ごせない大切な年中行事となった郷さくら美術館の「桜花賞展」
2020年、第八回の展覧が、2/29(土)から5/24(日)まで、開かれています。

さくらを主題にした絵画・作品はあまたありますが、
毎回足を運ぶと、
「こんな桜の描き方ができるんだ~」という感動を受ける大好きな展覧会です。

今年も、大賞作をはじめ、素敵な桜・さくら・櫻に出会えることができました。

大賞作は、 松原亜実氏の《春麗》。

月明かりに照らされる夜の桜を素敵な構図で配置。

流石の大賞受賞作ですし、個人的にも今回の桜花賞出展作品の中で一番好きな作品です。

次に印象に残ったのが、手塚華氏の《春色》。

水色とピンク、相性の良い組み合わせですが、当たり前すぎて今まで意識してみていなかった桜の作品に思えました。

やさしい、ほほえましい作品です。

そして、坂本藍子氏の《たゆたう》。

透明感のあるターコイズブルーで表された水面に広がる桜の花びら。

これも桜の表現なんだと感心すると同時に、
とっても癒されました。

その他にも気になった作品の数々。

近藤 仁氏《刻ノ色差》
藤城正晴氏《櫻図》
富永晃代氏《かそけし》
魚住侑子氏《ほどける》

図録は、オンラインのこちら から入手可能です。

同時に開催されている「桜百景 vol.20」では、中島千波画伯が描いた目黒川の桜や、直前の企画展だった中野嘉之画伯、那波多目功一画伯、平松礼二画伯などお気に入りの作家の桜が勢ぞろい。色めく春、移ろいゆく春を楽しませてくれます。

一年後は、どんなさくらに出会えるのか。今から楽しみです。
昨今の事情で、一時的な臨時休館もあるようですが、開館の折には、ぜひ訪れて春を満喫してください。

郷さくら美術館の開館情報は、公式サイト から、確認できます。

(注)
本投稿の作品は、図録等を撮影したものです。従って、作品の色、全体の構図などは実物とは異なります。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. ロマンティックロシア

    2019.01.18

    ロマンティックロシア

    Bunkamuraザミュージアムで開催中のロシア国立トレチャコフ美術館所蔵品展。まも…

    ロマンティックロシア
  2. 「まなざしのあわい」

    2019.09.30

    「まなざしのあわい」

    東京都美術館で開催中の伊庭靖子展「まなざしのあわい」。光、色、質感というキーワードを意識する、感…

    「まなざしのあわい」
  3. 2020年の美術館巡りは、上野の杜から。

    2020.01.8

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。

    令和になって初めてのお正月。せっかくなので、いつもと違う過ごし方。上野の杜近くに宿泊し、美術館巡りを…

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。
  4. 陰翳礼賛

    2020.02.5

    陰翳礼賛

    谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)1…

    陰翳礼賛
  5. 退任記念 手塚雄二展

    2020.03.1

    退任記念 手塚雄二展

    2019年の春、横浜で出会うことができた手塚雄二画伯の作品。(手塚雄二展 「光を聴き、風を視る」 ※…

    退任記念 手塚雄二展
  6. 手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020.11.5

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020年11月23日(月)~渋谷で開催される「安斉紗織×荒井沙織 二人のさおり展」。個性あるお…

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画
  7. 皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -

    2019.01.27

    皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -

    1/20(日)で会期は終了してしまいました。お目当てだった東山魁夷の「満ち来る潮」が壁一…

    皇室ゆかりの美術 - 宮殿を彩った日本画家 -
  8. 太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019.11.9

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019年夏の美術館巡りでも印象に残った目黒区美術館での展覧会です。すでに会期(2019年7月1…

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家
  9. イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP