2019年2月26日 19:00-21:00 於:WASEDA NEO
講師;船山公認会計士事務所船山雅史

興味深いお話が多かったので、備忘をかねたメモを。

船山さんの略歴

1986-2005年 CITIとHSBCでプライベートバンキング業務に従事。
2005年10月から事務所。個人富裕層対象の業務。日本証券アナリスト協会で認定の「プライベートバンカー」

  • アート(現代アートに限らず)が、富裕層において資産運用のポートフォリオの一部であり、オルタナティブ(非金融資産)の一角を成す。
    CITI(1980年代のNY)にはアートアドバイザリー業務があり、キュレーター(学芸員)3人を抱えてた。
  • コレクターとしての始まりは、友人の抽象画(30~40万くらい)を数枚購入、がきっかけ。
    独立して自由になる時間ができたので、ギャラリー巡りを始めた(始めてしまった。)
    現在、200点越え、かちどきに倉庫借りるようになってしまった。。。。。(アートは病気

世界のプライベートバンクでのアート投資の位置づけ

  • ジェフ・クーンズ、バスキアが、、現代アートのオークション市場の最高価格を引っ張っている。
  • オークション市場は、アメリカ・イギリス・中国
  • 一時期、日本も頑張っていたが、バブル崩壊で下火。
    扱っている作品も東山魁夷、平山郁夫、加山又造など日本ローカルなモノで、世界的に見ると歪んだ市場でもあった。
    (その他に、工藝、民芸なども混在している。)
  • Knight Frankのレポートによると、過去10年では、ビンテージカー>コインという人気であるが、2017年直近12ヶ月ではアートが値上がり率トップ。
  • アートファイナンスの提供サービス Edmond de Rothschild
    アートローン(購入資金の提供)、そのローンを集めた私募債の発行販売 Bank REYL(スイスのプライベートバンク)
  • 投資アドバイザリ―業務なので、投資マーケットで売れるモノを買う
    また、ポートフォリオの分散投資に準ずるので、資金を全て特定のアーティストや分野(コンテンポラリー、オールドなど)に集中するのではなく分散投資。購入・売却が分かってしまうので、オークションには出さず、プライベートセールで処理。

税制を利用したアートの賢い買い方

  • ギャラリーから購入ならば消費税。オークションで購入ならば手数料。
  • コレクターの中には、アーティスト支援目的の強い方は、プライマリーでしか購入しないというケースもある。
  • 日本は、アート作品を減価償却できる。(世界的には珍しい。)
    20万~30万未満ならば、少額減価償却資産の扱いで、一括経費扱い、など。
    「事業の用に供している」ことが固定資産として必要だが、必ずしも飾っておく必要はなく、台帳管理しておき、いつでも閲覧できる状態になっていれば良い。
  • 所得税(限界税率)の差があるので、法人の方が良い。譲渡益税については、5年以上保有するのであれば、個人の方が安くなる。
  • 公共団体への寄付などは、コンテンポラリーアートでは、ほぼ税額優遇無し。
    (「重要文化財ないし同等の価値があると認められる美術品等」に該当する必要あり)
  • 交換取得による売却額の税制優遇無し(不動産は、あり)
  • アートの評価額:相続税法は「時価評価」必要。
    時価とは、、、、①売買実例価額、②精通者意見価格、③鑑定評価額(大手オークション会社等)
    (といっても、②、③でもかなりのブレがでる。)
    →相続税法上の課税対象。最高税率55%の累進課税。
  • お客さんの相続申告業務を携わることがあるが、一般家庭だと「家具一式」で個別に評価されたことはない、、、、
    (「コレクター」として名が通っていると話は別か。。。)
  • 相続後の売却における譲渡益は、被相続人の取得価格(相続時の時価ではない)ので注意。
    (アメリカは相続時時価にステップアップ)
  • 贈与の選択
    確実に将来の上昇が見込まれているのであれば、「相続時精算課税」を選択し、早めに贈与してしまう。
    (相続発生時の時価評価による課税を回避できる。)
  • そもそも、相続税をかけるのか、
    かけない国も香港、シンガポール、マレーシア、オーストラリアなど多数あり。

おカネだけではない、賢いアートの活用と守り方

  • コレクション展がお薦め。アーティストにもギャラリーにもできない、独自の視点でできる。自己満足とも言う
  • 作品貸出。「死蔵」を回避して、公の目に触れることで、アーティストの評価と価値を上げる。「見てもらってナンボ」。(儲けではなく、コストはかかる。)
  • 企業イメージの向上。財団化。

質疑応答

  • (Q)プライベートバンクでのアートの必要性は?
    (A)必須ではないし、全く知らずに業務をしている人々もいるが、、、。お客様との話の中で話題に作りに役立つし、アーティストの相続対策の話が舞い込むことが有ったり、、、マイナスにはなっていない。
  • (Q)継続的に見ていれば、、、値上がりするのがわかるか?
    (A)浴びる程見て、身銭を切れば、真剣にみるので、判ってくる。アーティストとも話す。評価されるアーティスト、時代の先端に居るアーティストのインテリジェンスは、高い。美術よりも、知術。)スーパーリアルや徹底した写実の美人画は、世界では過去のモノ。
  • (Q)売れる作品を手っ取りばやく見つけるには?
    (A)有名ギャラリー(先端的なギャラリー)のサイト上のアーティスト一覧に載っている名前なら、まず損はしない。作品数が多い事は、必須の条件。その中でも代表作。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. プランインターナショナルジャパン(PIJ)さんへの活動、はじまりました。

    2018.10.7

    プランインターナショナルジャパン(PIJ)さんへの活動、はじまりました…

    会社設立に併せて、何らかの社会貢献も、と思い始めた1つの支援活動。「Plan Internati…

    プランインターナショナルジャパン(PIJ)さんへの活動、はじまりました。
  2. チームラボプラネッツ(豊洲)

    2018.10.25

    チームラボプラネッツ(豊洲)

    いまや全国各地で開かれるチームラボさんのイベント。東京都内では、お台場と豊洲でそれぞれ開かれています…

    チームラボプラネッツ(豊洲)
  3. 現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019.02.19

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―

    2019年2月7日 19:00-20:30 @ DMM本社24F(住友不動産六本木グランドタワー24…

    現代アート徹底研究講座 ―基礎編から応用編、最新アートニュースまで―
  4. 「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール展」

    2018.11.24

    「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール…

    国立新美術館で開催されている2つの企画展。「生誕110年東山魁夷展」中学生のころ、退屈でしか…

    「生誕110年東山魁夷展」と「オルセー美術館特別企画ピエール・ボナール展」
  5. イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)
  6. 写真芸術について

    2018.08.1

    写真芸術について

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「写真芸術」について考察しました。(課題レポー…

    写真芸術について
  7. プラン・ラウンジ3月 出張報告会&交流会

    2019.03.19

    プラン・ラウンジ3月 出張報告会&交流会

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動がなさ…

    プラン・ラウンジ3月 出張報告会&交流会
  8. インゲヤード・ローマン(Ingegerd Råman)展

    2018.09.24

    インゲヤード・ローマン(Ingegerd Råman)展

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年を記念して、東京国立近代美術館工芸館にて開催されている「イン…

    インゲヤード・ローマン(Ingegerd Råman)展
  9. 旧白洲邸武相荘 「冬」展

    2019.02.24

    旧白洲邸武相荘 「冬」展

    2月の三連休に、お邪魔してきました。 四季折々に合わせて、白洲ご夫妻のコレクショ…

    旧白洲邸武相荘 「冬」展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP