京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまとめてみました。

美しいイタリアの写真。子供の頃から数多くの美しいイタリアの風景を見てきているはずであるが、ここ近年のお気に入りは、写真家ジョバンニ・ピリアルヴ(Giovanni Piliarvu)さんの3つの作品である。ジョバンニさんは、イタリアサルデーニャ島出身。在郷中にはフィルムカメラで写真を撮っていて、島を離れて一時中断。来日して数年後、デジタルカメラで日本の風景や、お祭り、散策時などを撮り始める。その「場」にある雰囲気、感性を切取って一枚の作品に仕上げる、それがまた日本人の感覚と異なる感じで、憧れる

1つ目は、彼の初個展から「Attacco」。断崖絶壁の上に建つパステルでカラフルな住居群が有名な世界遺産のまちチンクエ・テッレ(Cinque Terre)。その夜明け前の一瞬を切り取った風景。住居群がほのかな色合いでわき役に回り、海も空もそれぞれが表現している複雑なアズール(青、藍、紺)が印象に残った。「ジョバンニ・アズール」と今でも個人的には呼んでいる。

2つ目は、二回目の個展から、「Bergamotto」、シチリア島の街シクリ(Scicli)。夕刻の街並みの鳥瞰図的な作品。山あいにコンパクトに形成されている街全体で、山の緑と街と崖の白が爽やかな対比を形成している。その中に灯し始められた電灯により乳白色からピンク色に染まっていく建物の色が柔らかさを引き出していると思う。

3つ目は、三回目の個展から、「Meravigliando」、ローマのコロッセオ。コロッセオを撮りながら手前の広場・石畳を中心とすることで、朝の静謐さと神々しさを感じる作品。芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」に通ずると感じた。

いずれの作品にも共通する「美しく感じる理由」は、「調和と融合」がキーワードだと思う。それは、自然と人工、旧と新、モノとモノ、モノとコト(事象)、それぞれの持つ色、などなどが、対称の美(シンメトリー)ではなく、また、単独で存在するのではなく、周りの見えない空気(雰囲気)をも溶け込ませて美しく融合・調和されている、ということだと思う。

写真は、以下の写真家、版権管理元の許可をいただき掲載
写真家:ジョバンニ・ピリアルヴ(Giovanni Piliarvu) http://giovannipiliarvu.com/ja/
版権管理元:Island Gallery http://islandgallery.jp/

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 写真芸術について

    2018.08.1

    写真芸術について

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「写真芸術」について考察しました。(課題レポー…

    写真芸術について
  2. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2020.03.9

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    11月に投函してくれた、新年のグリーティング、年賀状、ですね。先日、到着しました。 …

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  3. (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    2018.08.26

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「視覚文化」について考察しました。(課題レポー…

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」
  4. チャイルドからの手紙が到着しました。

    2019.07.29

    チャイルドからの手紙が到着しました。

    過日となってしまいましたが、ちょうど「ふみの日」(7/23)にチャイルドからの手紙が届きました。元気…

    チャイルドからの手紙が到着しました。
  5. 退任記念 手塚雄二展

    2020.03.1

    退任記念 手塚雄二展

    2019年の春、横浜で出会うことができた手塚雄二画伯の作品。(手塚雄二展 「光を聴き、風を視る」 ※…

    退任記念 手塚雄二展
  6. ロマンティックロシア

    2019.01.18

    ロマンティックロシア

    Bunkamuraザミュージアムで開催中のロシア国立トレチャコフ美術館所蔵品展。まも…

    ロマンティックロシア
  7. はじめまして

    2018.07.24

    はじめまして

    プルモデラサイトの投稿ページです。不定期となりますが、スタッフのいろいろな所感を徒然に投稿させて…

    はじめまして
  8. 2020年の美術館巡りは、上野の杜から。

    2020.01.8

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。

    令和になって初めてのお正月。せっかくなので、いつもと違う過ごし方。上野の杜近くに宿泊し、美術館巡りを…

    2020年の美術館巡りは、上野の杜から。
  9. 「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~

    2019.08.16

    「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~

    「日本人に、本物の芸術を。」そんな熱い想いをもって西洋絵画を収集した「男」松方幸次郎。そんな彼のコレ…

    「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP