お気に入りの郷さくら美術館(※1)。
現在開催中の企画展(コレクション展)『日本画「青・蒼・碧」展』を満喫してきましたので、そのご紹介を。

  • 「青」は、その他多くの色名の総称。
    明度が高く彩度の低い淡い色合いの「水色」、「空色」。明度が低く濃い色合いの「紺色」、「藍色」、「群青」。
    代表的な色は、「群青」で、岩絵の具の原料は藍銅鉱(アズライト)
  • 「蒼」は、青草、生気のない青色、不透明なくすんだ青色。
    代表的な色は、「緑青」で、岩絵の具の原料は孔雀石(マラカイト)
  • 「碧」は、青く澄んで見える石、青色の美しい石の意味。「碧」は「みどり」とも読み、「緑色」に近いことを強調する時に使うことが多い色。
    代表的な色は、「碧色」、岩絵の具の原料は碧玉(ブルーサファイア)

同じ「あお」でもまったく異なる「あお」い色。それぞれを色をテーマにまとめられた作品たちは、
いよいよ暑さ本番となった夏の一服の清涼剤となります。

小泉智英 『初夏の朝』
鹿見喜陌 『塔』
中村宗弘 『湖静』
福井爽人 『晨』
濱田昇児 『碧山』
齋藤満秀 『金魚』

館内に設置された、岩絵の具の解説。このような情報発信も美術館の「使命」なのです。

田島周吾 『魚棚駅前商店街』
田島周吾 『魚棚駅前商店街』
田島周吾 『魚棚駅前商店街』
田島周吾 『魚棚駅前商店街』
田島周吾 『魚棚駅前商店街』

うれしいことは、本企画展から、作品撮影自由となったこと。
(ハッシュタグ #青蒼碧展 )
そして、「ドレスコード」割引。青い服装や青いアクセサリーを身につけての来館者は、50円引きでご覧になれます。
お出かけの際には、ちょっと、気にされてみてください。

また、「ポケット学芸員」というアプリで、作品解説をスマホで確認できます。
一旦インストールすれば、様々な美術館・博物館で利用できます。(もちろん無料)

村居正之 『白い教会』
村居正之 『白い教会』

素敵な図録は、現在(2019年7月末)時点では完売のようですが、最近オープンした、美術館WEBショップにて、予約可能のようです。

会期は、2019年6月4日(火)-9月1日(日)までとなります。
さまざまな顔を持つ「あお」の世界を、ぜひ堪能してください。
また、
常設展として開催されている「桜百景Vol.18」においても青い桜をテーマに涼しげな桜が飾られていました。こちらも、ぜひお楽しみください。

平松礼二 『路・滝桜図』

(※1)
現代日本画の専門美術館として、2012年3月に東京中目黒に東京館をオープンし、展覧会ごとにテーマを設定した「コレクション展」という形式で収蔵作品を一般公開しています。
そして、そのコレクションは、昭和生まれの日本画家の作品を中心に収集しています。現代日本画に特化することで、より多くの利用者に現代日本画の魅力に触れる<場>を提供すると同時に、制作現場で活躍中の日本画家の支援に繋がる活動を行い、新たな才能の発掘・育成にも努めていく、ことを理念・活動方針としている美術館です。(公式サイト より)

田島周吾 『蒼い桜』
平松礼二 『路・滝桜図』

(注)
本投稿の作品画像は、ポストカード・図録等を撮影したものです。従って、色、全体の構図などは実物とは異なります。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. インゲヤード・ローマン(Ingegerd Råman)展

    2018.09.24

    インゲヤード・ローマン(Ingegerd Råman)展

    日本・スウェーデン外交関係樹立150周年を記念して、東京国立近代美術館工芸館にて開催されている「イン…

    インゲヤード・ローマン(Ingegerd Råman)展
  2. 手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020.11.5

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020年11月23日(月)~渋谷で開催される「安斉紗織×荒井沙織 二人のさおり展」。個性あるお…

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画
  3. MOA美術館

    2019.08.24

    MOA美術館

    久しぶりに訪問したMOA美術館。改めて発見することが多く、実りある訪問でした。 …

    MOA美術館
  4. チームラボ下鴨神社糺の森の光の祭(京都 世界遺産)

    2019.09.16

    チームラボ下鴨神社糺の森の光の祭(京都 世界遺産)

    いまや全国各地で開かれるチームラボさんのイベント。世界遺産である下鴨神社で9/2まで開かれていた「糺…

    チームラボ下鴨神社糺の森の光の祭(京都 世界遺産)
  5. 映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~

    2020.01.5

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材とし…

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「映像の存在意義」について考察しました。(課題レポ…

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~
  6. 「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~

    2019.08.16

    「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~

    「日本人に、本物の芸術を。」そんな熱い想いをもって西洋絵画を収集した「男」松方幸次郎。そんな彼のコレ…

    「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~
  7. (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    2018.08.26

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「視覚文化」について考察しました。(課題レポー…

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」
  8. イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)
  9. 「利休に想いを寄せて」

    2018.08.11

    「利休に想いを寄せて」

    書家、書道家本田ルミさんが、2018年7月の「FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 」で開…

    「利休に想いを寄せて」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP