国立新美術館で開催されている2つの企画展。

中学生のころ、退屈でしかなかった「美術」に対して初めて自分から興味を持つようになった東山魁夷画伯。
それ以来、特別展が行われればほぼ鑑賞に出かけ、また、長野市善行寺そばの長野県信濃美術館東山魁夷館にも何度か足を運ぶ。
何度も観た作品であるが、いつ観ても飽きない。雄大さと繊細が併存している空間(キャンバス、壁画)に心が和む。

今回も、久しぶりに拝見できた「唐招提寺御影堂障壁画」、迫力満点の『濤声』はもちろん素晴らしいのだが、上段の間の床と違棚に配された『山雲』の雰囲気が大好きである。
その他の作品では『白夜光』が今回展示の中での一番だろうか。全体の構図としての雄大さ、樹々一つ一つに描かれる繊細さ、その併存である。
絶筆である『夕星』をゆっくり鑑賞できたのも良かった。画伯にとっての理想郷なのだろうか、と想いを馳せながら。

一番のお気に入り『夕静寂』を鑑賞できなかったのが少し残念・・・

詳細や画像は、企画展の公式ページ へ。

ピエール・ボナールは、知識不足のため、各種メディアで企画展が開催されることを知っている程度の実質的にはお初にお目にかかるかた。19世紀から20世紀第二次大戦開戦直後ぐらいに活躍された「アーティスト」(「画家」という枠には収まらないというのが感想。)

「不意に部屋に入ったときに一度に目に見えるもの」を描きたかったという一瞬の時間を切り取る感性は時間を止めてしまう。

『浴盤にしゃがむ裸婦』に代表される女性達は光の効果を用いて柔らかに表現され、まさに「水の精」(ナイアス)である。

そして、長らく滞在したノルマンディーや晩年を過ごしたル・カネの風景画は、色彩と光にあふれ、穏やかな気持ちをもたらしてくれる。『テラスの犬』や『≪村の早春≫のための習作』、『ル・カネの眺望』など、数十年経た今見ても色鮮やかながら穏やかに落ち着きのある配色であり、当時はどんなに綺麗だったのかと思わずにはいられない。

詳細や画像は、企画展の公式ページ へ。

とても充実した「はしご」であり、どちらかがどちらかの「ついで」などとは言えない時間を過ごすことができた。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 「見た目」と「見た目問題」

    2020.03.22

    「見た目」と「見た目問題」

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「見た目」と「見た目問題」について考察しました。…

    「見た目」と「見た目問題」
  2. 「利休に想いを寄せて」

    2018.08.11

    「利休に想いを寄せて」

    書家、書道家本田ルミさんが、2018年7月の「FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 」で開…

    「利休に想いを寄せて」
  3. プラン・ラウンジ12月 サヘル・ローズさんが語るインドネシアの子どもたち~テレビ番組撮影秘話~

    2018.12.6

    プラン・ラウンジ12月 サヘル・ローズさんが語るインドネシアの子どもた…

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動がなさ…

    プラン・ラウンジ12月 サヘル・ローズさんが語るインドネシアの子どもたち~テレビ番組撮影秘話~
  4. 「Modern Woman」展も見逃せません。

    2019.08.16

    「Modern Woman」展も見逃せません。

    【七人の女性芸術家】マリア・ヴィーク Maria Wiikヘレン・シャル…

    「Modern Woman」展も見逃せません。
  5. プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙

    2019.02.25

    プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動が…

    プラン・ラウンジ2月 出張報告会&交流会、そしてチャイルドからの手紙
  6. 出光美術館のコレクション

    2019.11.3

    出光美術館のコレクション

    2019年、11月に入り、気の早い方々のカウントダウンも始まりそうな時期になってきました。そんな中で…

    出光美術館のコレクション
  7. 「スーパークローン文化財ってなに?」

    2019.09.23

    「スーパークローン文化財ってなに?」

    何?って思い、東京藝術大学の陳列館に行ってきました。「陳列館」…

    「スーパークローン文化財ってなに?」
  8. 映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~

    2020.01.5

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材とし…

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「映像の存在意義」について考察しました。(課題レポ…

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~
  9. 女性と浮世絵展

    2019.06.7

    女性と浮世絵展

    この春、いくつか開かれていた浮世絵展。その中でも女性が関連する3つの展覧会が印象的だったので、事後と…

    女性と浮世絵展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP