アール・デコ様式の建築物として、その質や保存状態の高さで評価されている旧朝香宮邸、東京都庭園美術館。
年に一度の建物公開展とのことで、『1933年の室内装飾 朝香宮低をめぐる建築素材と人びと』を観にいきました。

今回の展示のメインテーマは、
「室内を構成する要素―木材や石材、タイル、壁紙、家具など―に焦点を当て、その素材や技法、携わった職人や企業について、当時の工事仕様書やカタログ等の資料から解き明かすことを試みる」
とのこと。

通常の展示ではない、壁紙のサンプルや、さまざまな石材の比較展示、また新館では、復元された家具などの別展示も行われています。
これらは、当時の最先端の技術によって造られたものばかり。一見の価値ありです。

更に、嬉しいことは、普段撮影禁止の館内が、(一部の撮影禁止指定物を除き)ほぼ全般が撮影可能であること

玄関で迎えるラリック

庭園美術館のシンボル、セーブルの香水塔(アンリ・ラパン)

様々な灯り

ボンボニエールなど

部屋からの眺め

壁の芸術

階段、そして新館への道

そして、最も期待していたのは、普段非公開の「ウィンターガーデン」の特別公開。

建物最上階にあるその部屋は温室として設計されたようで、三方向から光を採りこめる冬でも暖かそうな部屋。
真夏の晴天は、とても暑かったです。(笑)
白と黒の市松模様に設えられた床と一部の壁。それ以外は白。現代でも十分ファッショナブルといえる素敵な部屋です。

本公開展は、9/23までです。
貴重な機会となりますので、写真ではなく、ご自身の目で素晴らしいアール・デコの世界をお楽しみください。

また、7/26から8/30までの毎週金曜日は21時まで開館する「サマーナイトミュージアム」が開催されています。
普段観ることのできない夜の庭園美術館も楽しそうですね。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    2018.08.26

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「視覚文化」について考察しました。(課題レポー…

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」
  2. 「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展

    2019.02.28

    「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展

    横浜の名渓「三渓園」にて、2/11まで開かれていた写真展を訪問してきました。さまざまな国の駐日大…

    「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展
  3. 「凪」と「船出」by 鳥羽実花 @ 建仁寺

    2019.09.23

    「凪」と「船出」by 鳥羽実花 @ 建仁寺

    京都最古の禅寺として知られる建仁寺。雲龍図や双龍図で有名なことは知っており、一度は訪れたかったお寺で…

    「凪」と「船出」by 鳥羽実花 @ 建仁寺
  4. 太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019.11.9

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019年夏の美術館巡りでも印象に残った目黒区美術館での展覧会です。すでに会期(2019年7月1…

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家
  5. 「スーパークローン文化財ってなに?」

    2019.09.23

    「スーパークローン文化財ってなに?」

    何?って思い、東京藝術大学の陳列館に行ってきました。「陳列館」…

    「スーパークローン文化財ってなに?」
  6. 「Modern Woman」展も見逃せません。

    2019.08.16

    「Modern Woman」展も見逃せません。

    【七人の女性芸術家】マリア・ヴィーク Maria Wiikヘレン・シャル…

    「Modern Woman」展も見逃せません。
  7. イタリアの「まち」の美しさについて(その2)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その2)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その2)
  8. 根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説

    2019.04.30

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員に…

    毎年この時期に根津美術館で展示される国宝指定作品、尾形光琳の「燕子花図屏風」。根津美術館でも代表…

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説
  9. 「辰野金吾と美術のはなし 」

    2019.11.12

    「辰野金吾と美術のはなし 」

    東京駅丸の内の長い整備期間中に知った、東京駅の設計者辰野金吾の名前。その建築家・辰野金吾(1854-…

    「辰野金吾と美術のはなし 」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP