会期は終了してしまいましたが、東海道の旧宿場町、由比の本陣にある「静岡市東海道広重美術館」で、浮世絵におけるデザインを楽しんできました。

ポスターやDMのデザイン、よく見るとしっかりと意匠が印刷されているんです。(左記は、ちょっと強調加工しました。)

著名な雑誌『和樂』オンライン版記事『多彩な江戸時代のアートが楽しめる16のオススメ美術館・博物館を一挙紹介【永久保存版】』(2019年3月27日ポスト)でも「広重の希少品も有する専門館」として紹介された美術館です。

  • 歌川広重、歌川豊國等、それぞれがその浮世絵作品には「落款」が表現されている。
  • 小紋や桐、桜などなど、それぞれの意匠が意味するもの。
  • 一見のっぺらな平面上ですが、観る角度や光の当て方で浮かび上がるデザイン(浮世絵の雲母摺りや空摺り)

などなど、勉強になることがいっぱいでした。

また、保存・展示されている浮世絵作品は、色もまだ鮮やかで、とても江戸時代に刷られたとは思えない程の良い状態
役者、妓、市井の人々、景観など様々なテーマの浮世絵、「あ、知ってる?」というものから、「え、こんなのも?」という初見のものまで、ふんだんに楽しめます。
          以下では、購入した絵葉書からご紹介します。

≪名所江戸百景≫

≪不二三十六景≫

≪富士三十六景≫

≪東海道五拾三次≫

収蔵品の検索は、Google Art&Cultureにて検索できます。
意外と言っては大変失礼なのですが、地方の公共美術館が、このようなオープン化を積極的に進めていることには驚きました。
ぜひ、希少なコレクションをご覧ください。

残念だったのは、図録がイマイチだったこと。記録資料としては良いのですが、カラーではなくモノクロだったこと。せっかくのコレクション図録、ぜひカラー版に改善していただきたいと思います。

一緒に隣接する由比本陣を復元した「御幸亭」。

その名前は明治天皇の行幸に由来してつけられたそうです。

庭園はお茶の先達小堀遠州監修によるものだそうで、庭園を前にいただいた涼しいお部屋の中でいただいた煎茶は、盛夏の一服の清涼剤となりました。

御幸亭前にはの池には既に赤とんぼの姿もあり、四季折々、楽しめそうな予感です。
これからも、機会を観て訪問したいと思います。

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 陰翳礼賛

    2020.02.5

    陰翳礼賛

    谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)1…

    陰翳礼賛
  2. 映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~

    2020.01.5

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材とし…

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「映像の存在意義」について考察しました。(課題レポ…

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~
  3. 「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~

    2019.08.16

    「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~

    「日本人に、本物の芸術を。」そんな熱い想いをもって西洋絵画を収集した「男」松方幸次郎。そんな彼のコレ…

    「共楽美術館」建設構想~松方コレクション展~
  4. 「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora Studiesへの招待」

    2019.07.14

    「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora St…

    日時 2019年7月9日 18:30-20:00場所 イタリア…

    「世界に散らばるイタリア系移民:Italian Diaspora Studiesへの招待」
  5. 根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説

    2019.04.30

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員に…

    毎年この時期に根津美術館で展示される国宝指定作品、尾形光琳の「燕子花図屏風」。根津美術館でも代表…

    根津美術館 特別展「寿ぎの江戸絵画」 尾形光琳の「燕子花図」 学芸員による特別展の解説
  6. ”着る”アフリカ展

    2019.03.11

    ”着る”アフリカ展

    神奈川県立地球市民かながわプラザ(「あーすぷらざ」)で行われている「”着る”アフリカ展」を観に行きま…

    ”着る”アフリカ展
  7. (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    2018.08.26

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「視覚文化」について考察しました。(課題レポー…

    (視覚)文化における「レギュレーションの関係」と「可謬主義」
  8. 京都で和を楽しむ。(その1)

    2019.06.21

    京都で和を楽しむ。(その1)

    京都で開催される貴重なイベントに参加してきました。季節よく緑の映える日でもあったので、心身のリフレッ…

    京都で和を楽しむ。(その1)
  9. 「ハマスホイとデンマーク絵画」展でHYGGEを堪能

    2020.03.15

    「ハマスホイとデンマーク絵画」展でHYGGEを堪能

    昨今の事情で臨時休館のまま東京都美術館での展示は終了となってしまった「ハマスホイとデンマーク絵画」展…

    「ハマスホイとデンマーク絵画」展でHYGGEを堪能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP