日本・スウェーデン外交関係樹立150周年を記念して、東京国立近代美術館工芸館にて開催されている「インゲヤード・ローマン展」に行ってきました。

スウェーデンを代表するデザイナーであり、また陶芸家としても知られるインゲヤード・ローマン(1943年、ストックホルム生まれ)さん。
恥ずかしながら、つい最近まで、存じ上げず。
きっかけは、京都造形芸術大学での課題で、デザイナーの柳原照弘氏が有田焼400年に世界に向けて発信したプロジェクト「2016/」の活動を調べたことです。

それに先立ち、9月21日(金)に「ボルボスタジオ青山」で開催された、インゲヤード・ローマン氏と柳原照弘氏のトークショーにも参加しました。

まずは、こちらで印象的だったこと、、、

「有田は、400年前、世界で最も生産力のある陶器生産地(の一つ)であった」
「有田(焼)をクラフトではなくインダストリにしていく」
「(飾りではなく)長く、日常生活の中で使い続けることのできるモノ」

また、課題作成の中で収集したレポートにあった「最初から世界に通ずるブランド作り(世界の食卓で日常的に使ってもらえる食器を創る)を目指す」という柳原氏のぶれない軸。
これらの実現にあたって、ご自身が尊敬するインゲヤード・ローマンに依頼し、作成されたティーポット。
まさに、上述のコンセプトを体現した、シンプルながら機能的、かつ、日本での日常生活(和室)でも海外でもフィットするデザインであり雰囲気。
伝統とは、このように進化しながら継承されていくべきものである、と感じました。

「インゲヤード・ローマン展」展示品の一部でもある「2016/」 のインゲヤード・ローマン作品が10月8日(月)まで、「ボルボ スタジオ青山」で展示・販売されています。
また、ご希望のお客さまは、「2016/」のティーカップでコーヒーをお楽しみいただくこともできますよ!
ぜひ、優雅なひと時を、「ボルボ スタジオ青山」で、お過ごしください。

概要は、 こちら から。

 

そして、東京国立近代美術館工芸館での「インゲヤード・ローマン展」。

 シンプルであること、  機能的であること、  そして美しさ、    ---それをつなぐのが、私の仕事。

インゲヤード・ローマンのこの言葉が全てを語りつくしている、日常に使えるシンプルで、機能的で、美しい、作品(ではなく、製品という言葉の方が正しいかもしれない)を堪能できる展覧会です。
じっくり、ゆっくり間近で見ながら、どのように使おうか、利用シーンについて頭を巡らしてしまう、おしゃれなショップでの製品選びの感覚で、楽しむことができます。

「作品の始まりは、私のニーズから」

「好きなのは産業とクラフトの間で、自分はその境界にいる」

「一点物や限定商品を作ることの意義がよく分かりません」

「私が作ってきた物すべて量産が可能です」

「美しい物がたくさんあるというのは、すばらしいことですよね?」

 

会期は、12月9日(日)までです。まだまだお時間ありますので、「日常における美」をご堪能ください。
(開催概要については、東京国立近代美術館工芸館のイベントページ、こちら、をご確認ください。)

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 中野嘉之の世界 -時空を超えた出会い、感動とその美-

    2020.03.7

    中野嘉之の世界 -時空を超えた出会い、感動とその美-

    中目黒の「さくら」の美術館。何度運んでも、新たな発見と感動をくれるお気に入りの美術館。2/23いっぱ…

    中野嘉之の世界 -時空を超えた出会い、感動とその美-
  2. 「Modern Woman」展も見逃せません。

    2019.08.16

    「Modern Woman」展も見逃せません。

    【七人の女性芸術家】マリア・ヴィーク Maria Wiikヘレン・シャル…

    「Modern Woman」展も見逃せません。
  3. 手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020.11.5

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020年11月23日(月)~渋谷で開催される「安斉紗織×荒井沙織 二人のさおり展」。個性あるお…

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画
  4. 「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展

    2019.02.28

    「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展

    横浜の名渓「三渓園」にて、2/11まで開かれていた写真展を訪問してきました。さまざまな国の駐日大…

    「にっぽんー大使たちの視線2018」写真展
  5. 「辰野金吾と美術のはなし 」

    2019.11.12

    「辰野金吾と美術のはなし 」

    東京駅丸の内の長い整備期間中に知った、東京駅の設計者辰野金吾の名前。その建築家・辰野金吾(1854-…

    「辰野金吾と美術のはなし 」
  6. 太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019.11.9

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家

    2019年夏の美術館巡りでも印象に残った目黒区美術館での展覧会です。すでに会期(2019年7月13日…

    太田喜二郎と藤井厚二 -日本の光を追い求めた画家と建築家
  7. 映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~

    2020.01.5

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材とし…

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、「映像の存在意義」について考察しました。(課題レポ…

    映像の存在意義~ Fine Art Photography を題材として ~
  8. 千住博展と手塚雄二展

    2019.04.22

    千住博展と手塚雄二展

    4月の上旬に横浜駅の百貨店で2つの展覧会が開かれました。いずれも大作の事前公開展。せっかくの機会なの…

    千住博展と手塚雄二展
  9. 出光美術館のコレクション

    2019.11.3

    出光美術館のコレクション

    2019年、11月に入り、気の早い方々のカウントダウンも始まりそうな時期になってきました。そんな中で…

    出光美術館のコレクション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP