少し桜には早い時期に、一足早く 「醍醐」の桜を楽しみました。
圧巻の醍醐桜ですが、奥村土牛の作品には、暖かさとやさしさが満ちていて、気持ちを和ませてくれます。

「醍醐」
「茶室」

「醍醐」以外は、果物・野菜か人物を描く画家、と勝手に思っていた中で、
2種類の富士山(「山中湖富士」「富士宮の富士」)、見渡す限りの桜を描いた「吉野」、鳴門の大渦を描いた「鳴門」、大徳寺真珠庵(庭玉軒)を描いた「茶室」、はあらたな発見となりました。

「富士宮の富士」
「山中湖富士」

101歳の生涯という長寿の画家で、100歳を超えてもまだなお現役でありつづけられた方、穏やかな作品が多いと思うのですが、それを創りだす制作意欲は確固たるものを持ち続け、精進を続けられたそうです。

「鳴門」
「吉野」

(注)
本投稿の作品画像は、ポストカード・ポスター等を撮影したものです。従って、色、全体の構図などは実物とは異なります。

そして、山種美術館と言えば、一階ロビーにある「Cafe 椿」で提供される展覧会ごとのオリジナル和菓子。
今回は、「しろうさぎ」が、シンプルなデザインの中に、柚子餡で締まりを持たせる作りが、MyFavorite となりました。

奥村土牛と言えば、ご子息の奥村勝之氏が執筆された「相続税が払えない―父・奥村土牛の素描を燃やしたわけ」が、お薦めとのこと。機会を見つけて読んでみたいと思います。
また、奥村土牛の自伝もあるようです。(「牛のあゆみ」

牛のあゆみ (中公文庫)

新品価格
¥679から
(2019/3/25 08:13時点)

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020.11.5

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画

    2020年11月23日(月)~渋谷で開催される「安斉紗織×荒井沙織 二人のさおり展」。個性あるお…

    手彩色写真画家安斉紗織の創る手彩色写真画
  2. プラン・ラウンジ11月 「学校給食で女のこの就学率UP!カンボジア」

    2019.11.19

    プラン・ラウンジ11月 「学校給食で女のこの就学率UP!カンボジア」

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。久しぶりに、現地でどん…

    プラン・ラウンジ11月 「学校給食で女のこの就学率UP!カンボジア」
  3. プランインターナショナルジャパン(PIJ)さんへの活動、はじまりました。

    2018.10.7

    プランインターナショナルジャパン(PIJ)さんへの活動、はじまりました…

    会社設立に併せて、何らかの社会貢献も、と思い始めた1つの支援活動。「Plan Internati…

    プランインターナショナルジャパン(PIJ)さんへの活動、はじまりました。
  4. 千住博展と手塚雄二展

    2019.04.22

    千住博展と手塚雄二展

    4月の上旬に横浜駅の百貨店で2つの展覧会が開かれました。いずれも大作の事前公開展。せっかくの機会なの…

    千住博展と手塚雄二展
  5. 退任記念 手塚雄二展

    2020.03.1

    退任記念 手塚雄二展

    2019年の春、横浜で出会うことができた手塚雄二画伯の作品。(手塚雄二展 「光を聴き、風を視る」 ※…

    退任記念 手塚雄二展
  6. 「第八回 桜花賞展」を郷さくら美術館で。

    2020.03.29

    「第八回 桜花賞展」を郷さくら美術館で。

    もはや、これなしに春は過ごせない大切な年中行事となった郷さくら美術館の「桜花賞展」2020年、第八回…

    「第八回 桜花賞展」を郷さくら美術館で。
  7. 2019年のカレンダーは(続)

    2018.11.17

    2019年のカレンダーは(続)

    会社設立後、初めての年末年始のご挨拶。ご挨拶の際にお配りしたい来年2019年のカレンダー、調達完…

    2019年のカレンダーは(続)
  8. 余徳耀美術館(YUZ MUSEUM)

    2019.07.1

    余徳耀美術館(YUZ MUSEUM)

    TANK上海(Teamlabのイベント)を観に行った際に、偶然近くで見つけた現在美術館。「掘り出し物…

    余徳耀美術館(YUZ MUSEUM)
  9. 「Modern Woman」展も見逃せません。

    2019.08.16

    「Modern Woman」展も見逃せません。

    【七人の女性芸術家】マリア・ヴィーク Maria Wiikヘレン・シャル…

    「Modern Woman」展も見逃せません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP