プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。
現地でどんな活動がなされているのかを吸収するために、参加してきました。
今回は、女優のサヘル・ローズさんが登壇されるスペシャル回。
プラン・スポンサーシップを通じて交流するチャイルド(「アナ」という女の子。支援自体は現地の各種活動となるが、交流の対象(象徴)の位置づけ)に初めて会いに行く様子を追ったテレビ番組「遠い国のあなたへ」(30分)の上映と同行した鈴村職員とのトークでした。
最初には写真家安田菜津紀さん、最後には番組制作ディレクターさんのお話も聞くことができました。

サヘル・ローズさんのことは不勉強でまったく知らず、イランで12番目の子供として生まれながら4歳でご家族全員を失い、その後養母にめぐり合い8歳の時に来日されたという、ご自身も尋常ではない苦労をされた方。
(経歴は、プラン・ラウンジの該当ページwikipedia 参照)

その方が「アナ」に初めて会いにいくのであるが、旅の中(=番組中)のしばしば、や、当日のトークの中での、彼女の発言がとても印象的でした。

「ただ純粋に」
「まずは知ることから」
「時々、偽善者なのではと言われることもあるが、構わない」
「単に(インターネットなどに)流れてくる情報だけに頼るのではなく」
「実際に、少しでも自ら行動したい」
「平和ボケにはなりたくない」

自身に重ね合わせてみて、、、
自ら各国の現状をこの目で確かめて納得して何らかのアクションをとる、
などということは時間・資金・体力などさまざまな面で制約をうけるものの、
このような活動を通して、(大規模メディアからの情報収集よりは)より具体的な生の声を聞くことができるので、
引き続き活動を続けて行きたいと思うのでした。

ご興味、ご賛同いただける方は、こちらのPIJサイトにて、ぜひ支援のお申し込みをどうぞ。

https://www.plan-international.jp/

PIJサイトの本イベント開催報告は、こちら、からご覧ください。

あなたと、わたし

新品価格
¥1,620から
(2018/12/6 01:28時点)

戦場から女優へ

新品価格
¥1,337から
(2018/12/6 01:32時点)

サヘル・ローズさんが詩を書いた、安田菜津紀さんの写真集「あなたと、わたし」もそんな気持ちを後押ししてくれそうな写真集です。(2018年12月15日発売予定のため、執筆時点の2018年12月5日時点では予約のみ可)
ぜひ、拝見させていただきたいと思います。また、皆様もいかがでしょうか。

安田菜津紀フォトカレンダー2019年 壁掛け A4

新品価格
¥2,000から
(2018/12/6 01:34時点)

安田菜津紀フォトカレンダー2019年 卓上 両面仕様

新品価格
¥1,500から
(2018/12/6 01:35時点)

新着情報のご案内をいたします。よろしければ、こちら よりご登録ください。

関連記事

  1. 京都で和を楽しむ。(その1)

    2019.06.21

    京都で和を楽しむ。(その1)

    京都で開催される貴重なイベントに参加してきました。季節よく緑の映える日でもあったので、心身のリフレッ…

    京都で和を楽しむ。(その1)
  2. はじめまして

    2018.07.24

    はじめまして

    プルモデラサイトの投稿ページです。不定期となりますが、スタッフのいろいろな所感を徒然に投稿させて…

    はじめまして
  3. プラン・ラウンジ2月「災害に強い学校づくりで、女の子たちに安心を!」

    2020.02.18

    プラン・ラウンジ2月「災害に強い学校づくりで、女の子たちに安心を!」

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。久しぶりに、現地で…

    プラン・ラウンジ2月「災害に強い学校づくりで、女の子たちに安心を!」
  4. プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会

    2019.01.22

    プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会

    プラン・インターナショナル・ジャパン(PIJ)さんの活動報告会が開かれました。現地でどんな活動がなさ…

    プラン・ラウンジ1月 上映会&交流会
  5. チームラボ下鴨神社糺の森の光の祭(京都 世界遺産)

    2019.09.16

    チームラボ下鴨神社糺の森の光の祭(京都 世界遺産)

    いまや全国各地で開かれるチームラボさんのイベント。世界遺産である下鴨神社で9/2まで開かれていた「糺…

    チームラボ下鴨神社糺の森の光の祭(京都 世界遺産)
  6. イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    2018.07.25

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)

    京都造形芸術大学通信教育部芸術教養学科での課題で、筆者の感じる「イタリアのまちの美しさ」についてまと…

    イタリアの「まち」の美しさについて(その1)
  7. 陰翳礼賛

    2020.02.5

    陰翳礼賛

    谷崎潤一郎の随筆。代表的な評論作品とされています。初出は、雑誌『経済往来』の1933年(昭和8年)1…

    陰翳礼賛
  8. 「文化庁はオモシロイ」、が面白い。

    2019.01.4

    「文化庁はオモシロイ」、が面白い。

    京都への移転を発表したり、いろいろアクティブな活動をされている文化庁。その文化庁が、文化庁創立50周…

    「文化庁はオモシロイ」、が面白い。
  9. ”着る”アフリカ展

    2019.03.11

    ”着る”アフリカ展

    神奈川県立地球市民かながわプラザ(「あーすぷらざ」)で行われている「”着る”アフリカ展」を観に行きま…

    ”着る”アフリカ展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事はこちら

PAGE TOP