現日本三大名園の一つとされる兼六園、その名前の由来は、宏大と幽邃、人力と蒼古、水泉と眺望、という相反する六つの景観をすべて兼ね備えているということから・・・

---
兼六園で朝のひと時を心地よく

兼六園で朝のひと時を心地よく

金沢21世紀美術館で9/1まで開かれていた「永遠の海に浮かぶ無常の花」を観るために、夜行バスで金沢入り。オープンまでの数 …

もっと読む。

---